top of page

★日本は積極的に留学生採用★

日本は、年々人材確保難が続いており、外国人労働者への需要が高まることが想定されています。そうした中で、日本各地で様々な対応策が行われています。


東京都は、2022年10月から「外国人美容師育成事業」を実施しました。

一定要件を満たせば、特定活動の在留資格で美容師としての就労を最大5年間可能とします。


神戸市は、外国人留学生を会計年度用職員として採用することになりました。関西国際大学経営学部に留学しているベトナム女性学生を採用し、任期は今年年度末までだが、最大四回まで更新できる。


福島県いわき市は、「外国人との共生社会実現に向けたいわき版 総合的対応策」とりまとめた。


愛知県では、外国人就労者の早期適応研修カリキュラムなどを作成、外国人材受入企業等が、来日して間もない外国人就労者の職業生活や社会生活での支援を行う際のサポートルーツとして役立ててもらうのがねらいです。


労働人口が減少していく時代を迎える日本は、現場の最前線で人手不足の影響で即戦力となる外国人を積極的に受け入れる制度作りを進めています。


皆さんには、良いチャンスです^^


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page